チェーンが相場の価格より安い値段 | 4962772175538ギャングが「4つ星」の納得価格 |

液の中をチェーンが通らないタイプですが!それでも見事にきれいに汚れを落とせました。新品のチェーンに戻った感じです。今後は洗浄した為に、チェーンのオイル切れにならないかどうか、良く見ていかなければなりません。

こちらになります!

2018年01月09日 ランキング上位商品↑

チェーン ギャング 4962772175538PARK TOOL パークツール CG-2.3 チェーンギャング 【80】 (4962772175538) 自転車 工具 チェーン 洗浄 bebike

詳しくはこちら b y 楽 天

洗浄器具をセットしてチェーンを回して止めると必ずスプロケと変速機辺りから廃液ダレでポトポト滴り落ちますので!下に古新聞をしいておいた方がいいです。ちょーキレイになりますわ!使い方のとおりセットしてグルグルするだけで簡単に掃除できます。取り付けは簡単で使いやすいです!コレを知りながらも、5年くらい他メーカーの似たようなキットを使ってました。洗浄液が高いのが難点で!その分だけ星1つ減ですが!洗浄後の注油を必ずするなら洗浄液は別のものでもいいのかもしれませんが…手を汚さずにチェーンをきれいにできます。チェーンギャングの洗浄剤には、微妙なレモンの香りがつけてありますが、これは好き嫌いが分かれる所だと思います。手を汚すことも少なく便利な商品です。ネットで購入して洗浄!さて、サビも落とせるのか!?結果はアップした写真(ケータイでも見られるようにしたため画像小さいですが…)の通り。直訳すると「水と少量の食器用洗剤で洗浄液に使えるかも知れません。使用して3年くらいです中のスポンジがダメに成ってしまって部品購入を考えていると留め金が飛んでしまい紛失!使い勝手がいいので再購入を考えています。10分もあれば終わりますので暑い時期でも楽ですね。「水平」と「チェーンに対して真っ直ぐ」を意識していないと!チェーンの出入り口から液がこぼれたり!チェーンがギアから外れることがあるので!気をつける必要があります。インポート品らしく英文のマニュアルしかありませんが!図解入りなのでなんとなく分かります。ただし、チェーンについた黒い液がリアディレイラーの最下部を通過するあたりからしたたりますので、注意が必要です。クロスバイクを買って一か月ほど。マウンテンバイクのチェーンとギアを手入れ不足で壊してしまい!簡単に手入れできそうということで購入しました。特に不満は無かったんだけど、洗浄機のハンドル破損を機にパークツールへ買い替え。しかし、このチェーンギャングは、少ないちからでチェーンを回転する事が出来ます。ですので!下に新聞紙を敷くなど対策は必要です。メンテナンス用のバイクラックは必須です。」さすがに、これは試していませんが…。ゆっくり回転させれば本体からの汚水は飛び散りません。付属の洗浄剤で、少なくとも4台の洗浄が可能です。洗浄液は、説明書にも記載されていますが、家庭用洗剤を薄めて代用出来るので、ランニングコストもほとんどかからずグッド。また、これが一番改善してほしい点なのですが、チェーンギャングの中を掃除するときのし易さがあまりよくありません。まぁ簡単wあっという間に作業完了。売れてる理由が解る商品です。このブラシが意外と使い勝手が良かったです。全体的には良い製品だとは思いますが!金具や磁石の部分などあと一歩の部分があり!改善に期待して星4つです。段々とチェーンが汚れてきたのですが!手作業はどうにも面倒くさそう。洗浄力にはまったく問題ないのですが!以下の2点のみ気になりました。また、フレーム方向、向こう側と自分の体、手前側の間で前後に動くとフロントが変速、チェーン外れが起きてしまいますので、この間の動きも一定にしておくのがコツです。もっと早く出会いたかったですね〜。シフトチェンジしながらまわして、スプロケットにも掃除液を行き渡らせて、ついでに拭き掃除しました。掃除が終わったらウエスで薬剤ふきとってグリス塗っておしまいです。洗浄剤やらがセットになっているチェーンギャングを購入。で!ようやく試してみました。ただ、あまり早く取っ手を回さないように注意して下さい。洗浄後のルブリカントが省略されているのですが!洗浄剤の中に潤滑成分が入っている様でした。そんなことで、色々探してサイクロンを発見。めちゃめちゃ汚れとれます。チェーンの掃除が非常に簡単に出来ました。マニュアルが英語なので!使い方を理解するまでに少し時間を要しますが!わかってしまえば意外と簡単です。良い商品です。ツールの底についた磁石が砂鉄(細かい金属)を吸い付けるのですが!この磁石は取り外せないため砂鉄を取り除きにくく!ツール自体の掃除に少し苦労しました。見た目は、思ったより綺麗になってます。ふたを止める金具が2か所ありますが!硬くて止めにくいです。確かに完全に元通りというワケでもなく!サビのあった所は変色して多少黒くなってます。あと、回転させると結構抵抗がありチェーンギャングが前にもっていかれますので、それなりにしっかし保持しておく必要があります。フィニッシュ・ラインは!チェーンを引き摺るちからが強くて!操作に慣れが必要でした。容器の上部を外して溶剤を入れ!再度上部をセットしチェーンを挟み込んで再度上部を蓋してペダルを回すだけ。私のように急いで回すと汚れた洗浄液が周囲に飛び散って大変なことになります。。自転車を買ったばかりの頃は!しょっちゅうメンテしてましたが!梅雨時はメンテする暇がなく!あっという間にチェーンまでサビがういてしまってました。ちゃんとシルバーに輝いてます。なので!これは止めずに指でふたを押さえて使っています。あと!面白いことが書いてありました。少し溶剤が飛び出すので!スポークや地面は古新聞等でガードした方がいいと思います。フィニッシュ・ラインには入っていない、洗浄ブラシが入っている点は高く評価したいと思います。但し周りに汚れが飛び散るので特に下には新聞紙を敷いたほうがいいでしょう。簡単に使用でき、とてもきれいになります。ただ!洗浄液は結構飛び散る!というより垂れます。これまではチェーンを取り外して灯油入りペットボトルに入れてシャカシャカやってましたが!この商品を使えばそんな手間も要らず5分でピカピカになります。本体を手で保持しますが、無意識にねじってしまいフロントがギアチェンジしてしまい逆回転させて元に戻す・・・・を何度か繰り返しなれてくるとスムーズにクルクル。サビを落とすのも!面倒だしな〜と思っていた矢先に友人から!チェーン洗浄器具があることを教えてくれました。サビが出る前に!このチェーン洗浄器具で手軽にメンテすれば!燻し銀のままピカピカでいられたでしょう。とくに油にまみれた手だとなかなかしまらない硬さです。年末のバイク整備に利用。また、底部の外側に磁石がついており金属の汚れを集めてくれますが、この磁石が取り外しできないので、掃除するときは、こそぐようにしないといけません。以前は、フィニッシュ・ラインを利用していました。(そんなに大量ではないので心配は要りません)ところで!使い終わった後の本体内部の掃除はどうしたらベストなんだろうか?それなりに洗って乾燥させてますが・・・どうせまた汚れるからイイのかな?写真は・・・ピンが地面ですみません。一度、使ってみましたが、半年に一回の手入れが月一回にできそうなくらい簡単にきれいにチェーンを掃除できました。操作性はこちらの方が良いと思います。簡単に使えるし!キレイになります。ほかの方が「磁石が外せないので!金屑が取れない」という感想を書かれていますが!旧型はそうだったのかな?磁石含めて内部のブラシなどのパーツはすべて外せるので!この洗浄ツール自体の掃除も楽々です。手間をかけず簡単にクリーニングできるので!時間のないときでも作業できると思います。ブラシ部分が左右に分解できたり!本体のプラスチックのおうとつを極力へらしてできるだけ平面で構成してくれると一拭きで汚れを落とせるかと思われます。作業そのものが劇的に改善されたわけでは無いけれど、細かいところが良く出来てると思います。出口(スポンジ)側からタラーリと液が垂れてきますので!養生は必須です。